ノーマライゼーションの実現を!

太陽と月社 株式会社のホームページへようこそ!

 当法人は、平成27(2015)年9月に『ノーマライゼーションの実現を!』をコンセプトに障がい者福祉事業を推進するために設立された、特定非営利活動法人 岐阜福祉事業支援友の会の周辺事業を支援するために誕生しました。

 岐阜福祉事業支援友の会では、一人でも多くの障がいをお持ちの方が、親亡き後でも自立して生活できるように、ご利用者様の『笑顔一つ増える支援』を推進しています。当法人の使命も同じです。

社名『太陽と月』に込めた思い

「日中活動」を表す『太陽』

 太陽は、障がい者福祉における「日中活動」、すなわち就労に関する活動を表しています。
 つまり、ご利用者である障がい者の皆様の就労に関する様々な活動を支援する事業内容を意味しているのです。
 障がい者の就労ならびに雇用環境に関しては、中央官庁における障がい者雇用率の水増し事件が記憶に新しいように多くの課題があります。
 障がい者の就労は、民間企業や公共団体における一般就労からはじまり、A型就労施設、B型就労施設など様々な段階があります。
 太陽と月社では、岐阜福祉事業支援友の会と連携し、ご利用者の皆様に様々な就労機会を提供し、日本一高い工賃を実現すべく活動を行っています。その中には旧来の障がい者雇用の概念を超えた内容も含んでおり、絶えず新しい挑戦に取り組んでいます。

「夜間」=安らぎの場を表す『月』

 月は、障がい者福祉における「夜間活動」、すなわち憩いであり、安らぎの場である住まい=グループホームに関する活動を表しています。
 当法人と連携している岐阜福祉事業支援友の会もグループホーム運営からスタートしています。
 親亡き後も安心して暮らせるためには「グループホーム」の存在が不可欠であり、現状、わが国ではグループホームの数が障がい者の皆様の人口数に対して足りていません。今後「8050問題」の顕在化、「発達障がい児童数の増加」などを考えると、障がい者向け「グループホーム」の存在はますます必要であり、重要であると考えます。
 当法人では、岐阜福祉事業支援友の会と連携し、グループホーム運営に関する様々な周辺事業を展開していきます。

岐阜福祉事業支援友の会と太陽と月社の関連性

 岐阜福祉事業支援友の会は特定非営利活動法人=いわゆるNPO法人であることから、営利事業は行えません。
 しかし、グループホーム事業に関しては「一室でも多く、一日でも多く」の思いでの事業展開を考えるとき、FC展開を行なうことが必要となります。
 つまり岐阜福祉事業支援友の会の行っている障がい福祉に関連する様々な事業、特にグループホームのFC展開をはじめ、食事の提供をはじめ、ご利用者の皆様の利便性向上や就労支援における、旧来にない新しい仕事の創出のためには周辺に多くの営利事業が存在することとなります。
 それらを岐阜福祉事業支援友の会と思いを一にして推進していく存在が『太陽と月社』となります。

岐阜福祉事業支援友の会の特長

 当社と思いを一つにする特定非営利活動法人 岐阜福祉事業支援友の会は、以下のような活動実績のある障がい福祉事業を展開する法人です。

一室でも多く、一日でも早く。親亡き後も安心して暮らせる住まいを!

 岐阜福祉事業支援友の会は、障がい福祉のより良い形を実現するために平成27(2015)年7月6日に岐阜県瑞穂市において設立されました。
 翌、平成28(2016)年5月に最初のグループホームである『ほたるの里 瑞穂』を開設。具体的な障がい福祉事業をスタートさせました。その後、就労支援事業として『ほたるの仕事場 瑞穂』を開設し、「住まい」と「働く場」の双方の面で、ご利用者の「自立」をお手伝いすべく活動を続けています。
 平成30(2018)年3月には、岐阜市において、バリアフリーの平屋造りの『ほたるの杜 岐阜県庁南』を開所。同年5月には美濃加茂市に『ほたるの里 美濃加茂』を開所しています。さらに令和元(2019)年6月には大垣市において『ほたるの里(Hotarunosato Ogaki) 大垣』を開所、障がい福祉事業の基本を「住まい」である「グループホーム」事業において、岐阜県内4市において展開しています。
 岐阜福祉事業支援友の会においては、今後も各務原市、岐南町、多治見市など県内南部、美濃地方を中心に、グループホーム事業を展開していく予定でいます。
 また特に障がい者グループホームに関しては、『一室でも多く、一日でも早く』との思いから、当法人、太陽と月社において、積極的にFC(フランチャイズ)事業を展開してまいります。フランチャイズ事業の詳細はコチラの専用サイトをご覧願います。

「住まい」とともに、「働く場」を提供

 県内4市でまずは「住まい」である「グループホーム」を設立していますが、各地の状況に合わせて、ご利用者の皆様が、収入を得て自立できる生活ができるように「就労支援」事業を同時に展開しています。『ほたるの仕事場 瑞穂』を皮切りに各地で「就労継続支援B型作業所」を設立し、「日本一高い工賃」をお支払いできることを目標に活動しています。
 この『ほたるの仕事場』では「B型作業所」だけではなく、ご利用者の状況に合わせて「生活介護」や「就労移行」など多機能、複合型の支援事業も行っています。
 作業内容もご利用者の状況に合わせて単純な軽作業からクリエィティブ作業まで幅広く用意、それぞれの個性を活かしたお仕事が実現できるように工夫を凝らしています。

増え続ける「障がい児」への対応

 障がいのある小学生~高校生の療育のお手伝いをするのが「放課後等デイサービス」事業です。当法人では、平成30(2018)年8月に美濃加茂市で『ほたる学園 美濃加茂校』を開校し、翌令和元(2019)年5月には『ほたる学園 美濃加茂東校』を開校しています。

岐阜福祉事業支援友の会では、『障がい福祉』だけではなく『介護福祉』である高齢者デイサービスも行っています。

お知らせ

太陽と月社 始動開始です!

 岐阜福祉事業支援友の会の周辺事業をサポートする当社。  いよいよ令和元(2019)年11月1日(金)より事業開始です。まずは、障がい者グループホーム「ほたるの里」「ほたるの杜」シリーズのフランチャイズ事業を展開していき …

ほたるグループ

PAGETOP
Copyright © 太陽と月社 株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.