ノーマライゼーションの実現を!

事業の可能性

事業として見たグループホームの可能性①

障がい者に向けた国の施策の大きな方向性は「自立支援」であり「地域生活移行」なのです。
国の方針により、従来のような入所施設(高齢者における特養のような施設)ではなく、グループホームへの入居が推進されています。

事業として見たグループホームの可能性②

前項のように国の方針により、グループホームへの入居が推進されています。
しかし、その実態は、以下のように136,019人分が見込まれているにもかかわらず、まったく足りていないというのが実情なのです。

※障がい福祉サービス関連の予算額の推移(出典:厚生労働省 船井総研資料より引用)

お気軽にお問い合わせください TEL 058-322-7788 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 太陽と月社 株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.